BBS 現在の閲覧者数: ブログランキング・にほんブログ村へ ART&Culture ~美大生の気になる彼是~ |2009年07月

ART&Culture ~美大生の気になる彼是~

 美術大学に通う雑食系男子による、日頃気になった美術書、画集、展覧会情報、雑誌などを紹介するブログです。

--/--/-- : スポンサーサイト

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑PageTop

2009/07/08 : アンドリュー・ワイエス Andrew Wyeth: Memory & Magic

Category :  ▼ファインアート Andrew Wyeth
tag : 
17720Worldクリスチーナの世界
↑クリスチーナ クリックすると拡大します。


ヘルガ
↑ヘルガの水彩ドローイング
  

新宿の紀伊国屋に行ったら、6階の美術書のコーナーでアンドリューY.Sの画集が平積みされていて、ポップに「追悼」と書いてありました。知らなかった。今年の一月に亡くなったんですね。長生きだなーなんて思っていたんですが。

 私にとってワイエスといえば、予備校で水彩のドローイングを見せられて「コンナ風に描くんだよ」みたいなお手本として教えられて知った画家でした。紙の白(余白)をハイライトとしていかして暗部と中部を描写するというすっきりと分かりやすい写実です。たしかヘルガ(モデルの名前)の頃のドローイングを見たのだったかな。まだ、それほど技術力が無く(とはいえ上手いですが)参考にしやすかったから選ばれたのでしょう。

 アメリカの田舎のリアリズム。ちょっと、メロドラマのワン・シーンのような大衆に訴える主題で、とても親しみやすいです。とはいえその堅牢なリアリズム描写は視線を惹きつけて止みません。ドローイングで分かるように絵の具の飛び散りやはじきなどを使っているので具象(リアリズム、写実)といえども
抽象的な〝遊び〟の部分を残しています。どうやら本人もその意識はあったようです。

 あの頃、予備校の職員部屋で見たヘルガやクリスチーナの分厚い画集が欲しいところですが、ちょっと高いので紀伊国屋でプッシュされていたまあまあお手ごろな(学生としてはちと高いですが)画集を紹介します。

最後に、彼は様々な諫言のようなものを残しているのですが、現代で写実をやる事について言った、私の好きな言葉を引用して終わります。ちょっと長いですけど


 「この絵が、たとえばニューヨークの近代美術館のような大きな展覧会場で目立つとは思いません。あなた方はもしかしたら通りすぎてしまうかもしれない。当節では何もかもが大げさに金切り声をあげているのですからね。現代の作家たちは真実を戯画化しているように私には思えるのだが、私にとって人生というものはもっとまじめなものなのです。」
                                  アンドリュー・ワイエス






スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

↑PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。