BBS 現在の閲覧者数: ブログランキング・にほんブログ村へ ART&Culture ~美大生の気になる彼是~

ART&Culture ~美大生の気になる彼是~

 美術大学に通う雑食系男子による、日頃気になった美術書、画集、展覧会情報、雑誌などを紹介するブログです。

--/--/-- : スポンサーサイト

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑PageTop

2009/06/06 : 美術の窓 2009年 06月号

Category :  ▼雑誌 美術の窓
tag : 
 5月20日発売の「美術の窓」は”新人大図鑑2009”という特集でこれから活躍が期待されるアーティストがわんさか載ってました。一応絵を書く人間としてこういう美術雑誌はなるだけ目を通すようにしてます美術の窓は作家さんごとに詳しい技法とか画材のこととか紹介されてるので、好きな人が載ってる時は勉強になりますな~。
 
 まあ美大生が読んでそうな美術雑誌といったら一番はやっぱ「美術手帳」。通称ビテチョー、またはBT。それにしても美術手帳は一体どうしてしまったんだ・・成宮君と美術館巡りしたり、辛酸なめこと美術館巡りしたり、変なイラストがすき間すき間に入ってくるし、変なキャッチーさが編集部に何が?!美術雑誌というよりはむしろカルチャー誌に変貌しつつあり、読みやす~くなっちゃってました。出版業界大不況の中、BTも売れ専をねらってこう成らざるを得なかったのか? という話題でこの前盛り上がった。


 話は今月の美術の窓に戻り新人特集だった訳ですが、その中で個人的に気になった人たちを何人か紹介しまーす。


 まず表紙も飾っている加藤ゆわさん。東京芸大の大学院に在学中ですって。わお090606_0248~01_convert_20090606025501

 和紙にアクリルで描いてるそうです。淡くてキレイな色使いで日常の女性の姿を切り取ってます。以前
art_icleという美術系フリーペーパーにこの絵が掲載されててそれから気になってたんですが、ばっちしと特集組まれてました。妖怪っぽいのも描いてて好きだな~。


 このアリスちゃんは山科理恵さん。
30868.jpg

  ここで他の作品も見られます→http://shorewood.co.jp/artists/yamashina/index.html
 創画の人のようだ・・結構キャリアもある人みたい。アリスかわいいね。雑誌に載ってる絵は能面を被った女の子でした。

 
 お次は男性、平林貴宏さん。
hirabayashi.jpg

 うーん、御耽美!眼帯少女いいですね~。可愛い。この退廃的な感じたまりませんな~


 最後は菅野静香さん。
409991.jpg

 これ一瞬日本画だと思ったでしょう?でも油なんだよ~細っい線を丁寧に描いてる。余談ですがこの人前僕が展示したギャラリーで前の月に展示してたようだ・・作風違くて気付かなかったよ。ニアミス、美術界は狭い。
 こうしてみると自分の好みが一目瞭然なのが受けます。



 他にもいい人いっぱい載ってました。それこそ学校関係の知り合いも載ってた、あんまり好きじゃないんだけどね笑 在学中とか同年代の人も結構いて自分も頑張んなきゃな~と思わされました



問題の美術手帳君。辛酸なめこは好きだから許す。




テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

↑PageTop

2009/06/03 : Antonio Lopez Garcia(アントニオ・ロペス・ガルシア)

Category :  ▼ファインアート Antonio Lopez Garciaアントニオ・ロペス・ガ
tag : 
ロペス
"Sink and Mirror," 1967. Oil on wood

 スペインのリアリズム、マドリッドリアリズム、スペイン写実、魔術的リアリズムなど色々な名称で括られたスペインの現代絵画。そのなかの一人であるAntonio Lopez Garcia(アントニオ・ロペス・ガルシア)を紹介してみます。

 洗面所を描いた絵は、もしかしたら何処かで見たことがあるんじゃないでしょうか。私は高校生のときに美術の教科書に載っていたのを覚えています。

 写真を撮ればすぐに済むように思える街の景観や日常の風景。ゆっくりと時間をかけ画家の眼というフィルターを通した世界が展開されています。幾度も塗られた絵の具が、生活による汚れなのか、それとも単なる垂れた絵の具なのか、分からなくなるようなリアリティがあります。うっすらと漂う空気のような絵の具のやわらかさが、現実感のある写実なのにそれを喪失させるような不思議な気分にさせてくれます。

 ロペス・ガルシアはこのスタイルになるのに様々な過程があったようですね。シュールレアリズムのような絵を描いていた時期もあったようです。そういうこともあってか、後期のサルバドール・ダリの影響下で、スペインリアリズムが生まれたという説があります。


 http://www.artdetails.com/antonio_lopez_garcia.htm

 50枚くらいの油彩画、素描、彫刻、が掲載されています。けっこうコンパクトな画集です。1990年に出版された357ページあるハードカバーのがあるんですが、それはAmazonで見たらかなり高いので、今あるのでは、リーズナブルだしコレが良いかなと。画集ってすぐに廃刊になるのでお早めにどうそ。









↑PageTop

2009/05/29 : はじめまして

Category :  未分類
tag : 
 みなさんこんにちは、ゲルハルとリヒちゃんです。都内の某美術大学に通っています。

 一応美大生なので、アートに関する話題を中心に気になってることを書いていきたいと思ってます~
 雑食系男子ということで"雑食"をブログのテーマにハイカルチャーからサブカルチャーまで幅広ーく色んなことを取り上げていくつもり・・・美術のことはもちろん映画や文学や漫画やグルメやら、その他諸々。

よろしくお願いしまーす
↑PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。